寝起きの悪い人必見!朝自然に起きるための5つのポイント

SHARE

寝起きの悪い人必見!朝自然に起きるための5つのポイント

寝起きの悪い人は、自然に起きるための準備が不十分なことが多いため、寝る前から対策を行うことが重要です。自然に起きるためには、大きく分けると5つのポイントがあります。これらの基本が1つでも不十分になると、全体的なバランスが低下するため、無理をしない範囲で努力を続けていきましょう。

1.カーテンを開けておく

自然に起きるために、寝る前には部屋のカーテンを開けておくことが最初のポイントになります。カーテンを開けておくと、起床時には太陽の光が差し込むため、体に負担をかけないで起きることができるのです。目覚まし時計を使って強制的に起こす方法ではないですから、自然に起きるためにも最適です。

2.昼間に太陽を浴びておく

2つ目のポイントでは、昼間の時間に太陽を浴びて、セロトニンを分泌することが大切です。セロトニンの分泌が正常になれば、睡眠の質が良くなりますから、起床の際にも体は負担を感じることがありません。

3.寝る前にカフェインを控える

3つ目のポイントでは、寝る前にはカフェインの摂取を抑えて、興奮作用が睡眠に悪影響を与えないことが大切です。寝る前には麦茶などのノンカフェイン飲料を飲むことで、体に優しい形で水分を与えて、自然に起きるための環境を作ることができるのです。寝酒を使うこともありますが、量が多くなってしまう場合には、寝起きの状態から体が重たくなってしまうことがありますから、飲み過ぎには注意が必要です。

4.セロトニンを作るための食事

4つ目のポイントでは、食事ではトリプトファンとビタミンB6を摂取して、セロトニンを作ることも大切です。2つ目のポイントでは、太陽光を浴びることを紹介しましたが、食事からもセロトニンの原料を摂取すれば、自然に起きるための体作りを表裏一体の状態で進めることができます。

5.寝る前のマッサージ

5つ目のポイントでは、寝る前にはマッサージやツボ押しなどを行うことがおすすめできます。マッサージでは血流を促進して、自然に起きるための環境作りを行います。太衝や労宮などの経穴を指圧すると、精神の乱れを整えながら自然に起きることが可能になります。