二度寝を防止するには光を浴びるのが効果的

SHARE

二度寝を防止するには光を浴びるのが効果的

目覚ましを使う事でなんとか朝に起きることは出来たとしても、二度寝をしてしまうことで目覚まし時計で起きた意味が無くなってしまう事がある。

二度寝防止には光を浴びる事が非常に効果的だ。

光を浴びる効果

二度寝防止のための光を浴びる効果とは光を浴びるとメラトニンが減るという理由がある。

メラトニンとは別名「睡眠ホルモン」と呼ばれている。このメラトニンが増えると体の疲れが取れやすくなり、夜眠りやすくなるという効果があるのだが、多すぎてしまうと前述の二度寝の原因になる眠気が取れなくなってしまう。

メラトニンが自然に減るのを待つためにも二度寝でぐっすり寝る方法もあるのだが、光を浴びる事でメラトニンの分泌を減らすのが二度寝には効果的だ。

実践するには

太陽の光が一番効果的です。

カーテンをあけて窓から1mの近さに近づきましょう。目をつぶっていても体で光を浴びるようにするので十分です。元々ベットが窓際に付いているのであればカーテンを開けるだけでok。それだけで大体3000ルクスの光の強さになるので、メラトニンを減らすために効果的です。

それでも効果が無ければ太陽の光を目から入れる、目をつぶりながらデスクライトを顔から30cmの近さで60秒顔に受ける、ベランダに出る等が効果的です。

まとめ

以上、二度寝防止のために光を浴びるようにして見てはどうでしょうか?

 

こちらの記事もオススメです

光目覚ましの効果はあるのか

光目覚ましとして創和 LEDデスクライト S-100を購入してみた